読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨンフェスに行ってきた話

どうも、めしかすです。

 

f:id:me4kas:20170404235000j:image

先日、4/1、2と2日かけてヨンフェスという愛知のロックフェスに行ってきました。今日はその時の様子を簡単にまとめたいと思います。

 

そもそもロックフェスって何?って人のために説明すると、ロックフェスというのは様々なバンドが出演するライブイベントの事を言います。野外と屋内どちらの場合も大体が2ステージor3ステージ制で(ヨンフェスは2ステージ)、それぞれのステージで各バンド持ち時間35分前後でライブをします。

ロックフェスにはタイムテーブルがあり、それを見てどういう順番で回るかというのを事前に考えてから参加します。

f:id:me4kas:20170404232421j:image

↑ヨンフェスのタイムテーブル。丸をつけたところは実際に僕が回ったところ。ぶっちゃけ全部聴いてはいた。

 

あと、ロック系バンドのライブでは特有のノリがあります。モッシュやダイブ、サーフといわれるものがそれにあたります。モッシュというのはいうなればエクストリームおしくらまんじゅうみたいなもので、曲のサビに合わせておしくらまんじゅうをします。ダイブ、サーフは人の上を転がったり人混みに飛び込んだりします。

f:id:me4kas:20170404234832j:image

↑サーフの様子。普通に考えてヤバイ。

 

これら全ての行為は、知らない人からしたら頭がおかしいと思われがちですが、知ってる人からしても頭おかしいと思うのでご安心を。

 

さて、僕は2日間通しで行ったわけなんですけど、行った感想だけ述べるならば最高のフェスでした。

ヨンフェスは前に記事で紹介した04 Limited Sazabysが主催しているフェスなんですが、バンド主催のフェスはそのバンドが持つ人脈がフルに活きているので人の暖かさに溢れています。その上時期が春で気候や気温ともに過ごしやすいコンディション、家から近いこともあってまた行きたくなるようなフェスでした。

f:id:me4kas:20170404234422j:image

↑ヨンフェス会場。雲ひとつない晴天の上に心地良い風が吹く神環境。

 

 ライブの面も心配がいらないほど最高のライブばかりでした。テンションが上がりすぎて急に走って転んで怪我をしたり、走って飛んでを繰り返して膝を痛めたのに踊り続けたり、かと思えば歌を聴いて感情を揺さぶられて涙を流すなど、あれほどまでに情緒が不安定だった日もなかなかありません。ちなみに通しで行った次の日は全身を筋肉痛が襲い身動き一つ取れませんでした。

 

本当は見に行ったバンドのライブについてたくさん書きたいのですが、楽しむことに集中しすぎて記憶が曖昧なので何もかけません、さようなら。

 

ちなみに一緒に連れて行ったフェス初参戦の友達は、帰り際に「ダイブしたい」とだけ言っていました。ロックは恐ろしいですね。

 

現場からは以上です。